■プロフィール

Latte

Author:Latte
Age:50代
Live:三重県

ロードバイク歴は9年ほど。
最近はトレッキングにはまり穂高登頂を目標に近隣の山に登っています。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
春の曽爾高原へ
春の曽爾高原へ
やっと春の到来を体感できた昨日、
いつも通りにキング師匠と待ち合わせ練習するはずが、またしても
私がヘルメットを忘れる大失態・・・。
師匠の発案で、メットを取りに戻るついでに行先を曽爾高原へと変更。


春の曽爾高原へ
一旦帰宅、ヘルメットを被り青蓮寺ダムでお待ちの師匠と合流。
赤目方面へ抜け今井林道で曽爾を目指します。
10%前後から始まるこの峠、アップなしでいきなりキツイです。

春の曽爾高原へ
「あかん千切れるぅ」「まだ上るんですかぁ?」
初林道のアップダウンに苦しみながらも曽爾村へ到着の師匠。

春の曽爾高原へ
いつもの「食堂2-7」で昼食。とんかつ定食で満腹の私。
ソースかつ丼完食後に更にうどんを追加される師匠はさすがです。

春の曽爾高原へ
気温も高く、まったりした後の再スタートも苦になりません。
カロリーを消費すべく御杖牧場側から曽爾高原までせっせと上ると、
偶然山焼きの日だったようで多くの見物人で賑わっています。

春の曽爾高原へ
時折強風が吹く中、バチバチッと音を立てる炎。
昼間でもあり視覚的迫力には欠けますが見られて良かったです。

春の曽爾高原へ
帰路は御杖~美杉経由のルートを師匠にご提案しましたが、
前日にも100km程走られたそうで、川沿いの最短ルートで戻ることに。
デポ地に帰還後、ルーティーンであるローラークールダウンを始めた師匠。
が、部品が外れていたらしくローラーが回らない・・・
「こ、壊れたぁ・・」 うな垂れる師匠。
軸受けのネジが外れただけとわかり、気を取り直して帰って行かれました。

ヒルクライム練みたくなりましたが、春を感じる楽しいポタでした。

走行距離 49.74km
獲得高度 1278m
自転車 | 07:17:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。