■プロフィール

Latte

Author:Latte
Age:50代
Live:三重県

ロードバイク歴は9年ほど。
最近はトレッキングにはまり穂高登頂を目標に近隣の山に登っています。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
祝!他力本願ですが・・・帽子とったどぉーっ!!
サイクル耐久レースin岡山国際サーキット2013
↑おかみ、画像サンクスです。

131014-2.gif
14日に「サイクル耐久レースin岡山国際サーキット2013」に参戦。
初表彰台の3位と念願のEURO-WORKSポディウムキャップをゲット出来ました。
今回も拙い長文ですが、宜しければお読みください。




数年前からユーロワークスではレースやエンデューロで3位以内の成績を納めると
ポディウムキャップという刺繍ロゴ入りの赤い帽子が店から貰えます。
あれはレース班のモノ、俺には関係ないわ・・。当初は気にも掛けていませんでしたが、
シマノ鈴鹿などにキャップを被って来る人達が年々増加して来て、いつしか「俺も欲しい・・」。
森店長に懇願し、岡山エンデューロで表彰台を狙うことに。

本大会は鈴鹿エンデューロとは違って、ローカル色が強く小規模な大会です。
少し前までは地場に店舗展開する量販店がスポンサードを行っていたそうで、結構豪華な?
賞品狙いにそこそこ多くのエントリー数があったとか。
ただスポンサーが降りてからは賞品もなくなり、今の規模に落ち着いたようです。

今回3時間MIX(男女混合)にエントリー。
チーム構成はエースのむーちゃんにT仲さんと私がぶら下がるような形。
森店長が悩みに悩んで、数回のシャッフルを経た後に決まりました。
ユーロワークスからは「店長&あつこさんチーム」、「みっしー夫妻&三郷翁さんチーム」が
同カテゴリーにエントリー。
その他、昨年度2位のチームや強脚夫婦のキル兄ぃ&キルワニさんチームの名前も!
キル兄ぃに挨拶に伺うと「今日はサイクリングやから」なんて言いながらもしっかりローラー中。
「まずい・・思った以上に選手層が厚そうやん」と、ちょいテンション下がり気味。

我がチームの作戦(大袈裟な・・)は、唯一無二のエースむーちゃんが第1走者でスタート。
先頭集団内をキープしたまま最低でも1時間を走行。
その後の2時間は私 → T仲さん → むーちゃんの順で3周ずつ刻むことに。

11時半に2時間、3時間、5時間が一斉にスタート。
1周約3.7㎞のコースを先頭集団は6分ほどで回って来る。
むーちゃん、みっしーが順調に先頭集団で周回を重ねている様子。
予定通り1時間少々経過後、むーちゃんが1回目のピットイン。
が、早く襷を繋ごうと焦ったのか、前輪ロックで目前で落車!
予期せぬ事態に驚きつつも、チップバンドを巻き替えてスタート。
先頭集団の前位置で繋いでくれたので、早めに集団の中盤に合流完了。
全方位を囲まれながら集団前方~中盤あたりでラップを重ねて行きます。
シマノ鈴鹿みたいな怒号や罵声は無いものの集団走行はド緊張。。
やはり囲まれたまま走るのは怖さとシンドさで挫けそう・・・。
3周回を終えたが、調子がいいのでそのまま4周目に。
あと2、3周してT仲さんに繋ごか・・などと考え中に前方で怒鳴り声が!!
誰かがボトルを落としたようで一瞬集団が乱れます。
右前方に転がるボトルを発見、「こっちに来んなよぉ!」祈りながらスルー。
幸い落車も起こらず集団は無事回避。ただ怖さがピークになり5周終えた時点でピットイン。
T仲さんにバトンタッチした後、疲労とド緊張からの解放でぶっ倒れました。
「レース班は毎回こんなんか・・・俺には無理」
なぜか喉の奥から血の味が上がってくる。全力で短距離走を終えた時と同じ感じ。

T仲さんは前日の琵琶一140kmの影響か、思うように走れていない様子。
タイム速報が分からないので先頭集団との差がわからない。
5周を走り終えたところでむーちゃんにバトンタッチ。
「頑張って先頭集団目指すけど、無理なら後続集団に吸収して貰う」らしい。
数周後にきっちり先頭集団に位置した状態でピットイン、自分の番。

調子の悪いT仲さんには繋がず、順位を落としてもタイムアップまで走り切ることにする。
必死に先頭集団を追い、何とか後方に合流出来たものの完全に息が上がってしまい苦しい。
「アカン、さっきより全然キツイわ」1周付くのがやっとで2周目には集団から脱落・・・
ペースの近い人を探し、付いては離れを繰り返しながら周回を重ねて行く。
コース上では脚を攣った人達が懸命にペダルを回しています。
「頑張りましょ」「もうすぐゴールですよ」って声を掛けながら、ホームストレートへ戻って
来た所でチェッカー。「何周したんやろ??」
皆に出迎えられながら倒れ込んだところで「!!!」 右脚が強烈に攣る!!
マッサージや消炎スプレーで処置してもらい多少治まりました。

今回はやたらと長く緊張した3時間でした。(エンデューロは本来お祭りっぽく楽しい筈やけど・・)
完全なる他力本願での初表彰台ゲットですが嬉しいです。
口約通りポディウムキャップの権利も得ることが出来ました。

功労者のむーちゃんにはお礼として、リクエストの「晩秋の曽爾高原紅葉ポタ激坂付き」をご案内させて頂きます。
行きたい方おられましたらご一緒しましょう。

前日がレースだったにもかかわらず、場所取りなどお世話下さった店長とおかみに感謝です。
一緒に参加頂いた皆さん、FBにコメント下さった皆さん有難うございました。

長文にお付き合い頂き有難うございました。
自転車 | 07:22:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。