■プロフィール

Latte

Author:Latte
Age:50代
Live:三重県

ロードバイク歴は9年ほど。
最近はトレッキングにはまり穂高登頂を目標に近隣の山に登っています。

■最新記事
■最新コメント
■カテゴリ
■検索フォーム

■天気予報


-天気予報コム- -FC2-

■月別アーカイブ
■リンク
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
快晴のMt.富士ヒルクライム、タイムは土砂降り。
快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
6月2日、Mt.富士ヒルクライムに参加して来ました。
当初参加予定の森KWさんは〇風、K原さんはお子さんの運動会と重なり
ともにDNS。三郷翁さんと2人での参加となりました。


快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
1日の9時に三郷翁さんといつものデポ地で合流。
名阪~東名阪~伊勢湾岸~新東名を経由。渋滞もなく昼過ぎに受付会場
の富士北麓公園に到着。

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
公園内の競技場にて受付を済ます。今年の景品はホイールカバー。
これは助かる♪ ファスナーが壊れたカンパ用の代替に活躍しそう。
各ブースを見て回り、記念Tシャツとプロロゴのサドルを半額以下でゲット。
特設ステージ上ではFunRideの細沼氏とモデルの日向さんのトークショー。
話題は雨天時の注意点と対策。  ・・去年と同じや。。

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
河口湖近くにある宿へ移動。
エントリー時には民宿の4人部屋を予約していたが、2人に減ったため
直前にキャンセルして、急遽予約したペンション。
素泊まりにもかかわらず、奥さんが温かく親切に迎えて下さいました。

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
車で10分ほどの麺処にて夕食。
昼食からまだ3時間・・。 カーボローディングと称してそば御膳を完食。 
天気予報では雨マークが中々消えない。

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
翌朝は3時半に起床。外は曇り空で雨は降ってない模様。
4時半に宿を出発しデポ地のドギーパークへと車で向かう。
4年連続で富士急ハイランドでしたが、DNSのk原さんに譲って貰いやした。
ハイランドから北麓公園へ向かう数多くのバイクを次々パスして到着 ・・ムフフ♪
バイク諸々準備をし、数分でスタート地点の北麓公園着(めっちゃ近いっ!!)
下山用リュックを預け、試走することもなく整列場所で待機。
「五合目は快晴らしいですよ~!」とMC。 確かに晴れて来たような感じ。

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
暫くして同じくユーロから参加のU森さんが合流。
健脚クライマーのU森さん、昨日五合目までを試走して脚が攣り気味だとか。
・・・に比べて我々はドギーパークからここまで走ったのみやけど。。

3人で談笑している所へ「ご無沙汰してます~」 。
昨春テッドさん達と乗鞍へ行った際に知り合った名古屋のA場さんでした。
当ブログをご覧頂いてるそうで、私が来るのもチェック済みだったとか。
「このジャージ、1回見たら忘れませんから(笑)」って  ・・・確かに。
A場さんも我々と同じく先週末に乗鞍へ行って来られたそうな。

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
そんなこんなで、ほとんど緊張感も無いままにスタートの時間。
お馴染みの鶴見辰吾さん、シャランQまこっちゃん、今中さん
の声掛けに続いて、前回100位以内の強脚な方々からスタート。
続いて女子、その後はエントリー時の申告タイム順に一定間隔でスタート。
で、私達の番。偶然にも前から3列目に位置し、号砲一発スタート!!

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
↑ スタート後に写真撮ったのは初めて。

今年の課題は、計測地点通過後の3㎞を自分のペースで上ることと、
ゴール前の平坦区間を列車に乗って35㎞/h以上で抜けること。

昨年は周りのペースアップに翻弄されて早々に息が上がってしまい、
平坦区間では左手が痺れてフロントを中々アウターに変えられず、
最後の上りは超低速で脚を残したままのゴールだった。

・・・がしかし、今年は心拍センサーがない。
雨対策ばかりに気を取られ、自宅に置き忘れて来たようで・・・。
仕方なく息が上がらないようケイデンスを見ながら登坂する。
三郷翁さん、そしてU森さんに抜かれるが無理に付いては行かずに淡々と。
課題の平坦区間では、幸い列車に乗ることが出来、35㎞/h前後で最後の上りへ。
・・・が思いのほか上りが長く、途中で失速。そのまま超低速でゴール。

目標の1時間半には程遠く、1時間51分。トホホ・・・
昨年を2分短縮しただけ。


快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
今年も脚を残したままのゴールでしたが、青空の中を気持ち良く上れた。
まっ先週の乗鞍に続いて、晴れ男は証明できたかな。

快晴のMt.富士ヒルクライム でもタイムは・・。
男子優勝の乾さんは1時間1分台。
女子優勝の金子さんは1時間7分台で、この後回復走で100km近く走ったそうな。
皆さん凄すぎ。



自転車 | 07:32:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。